世界で唯一のキャップレス 万年筆 贈り物にもOKです 日本一の 万年筆 を販売する ”文具”いち衛門
http://www.e-bunguya.net
                  〜いい文具屋ドットネット〜

万年筆基礎知識
万年筆を使いたいんだけど、よく知らない・・・という
万年筆を初めてお使いになる方へ
又、既にご使用になられている方にも新たな発見があるかもしれません
他のお店の店主の方々よりは少々知識不足かもしれませんが(笑)
ご参考にして頂ければとても嬉しいです!

万年筆お手入れ方法と、長く使い続ける為のコツ!→こちら

万年筆とは・・・。
万年筆は「筆記具の王様」といわれます。その理由は「書く事を最も楽しめる」筆記具だからです。そのデリケートな書き味。それは、小さな金属を2つに割ったペン先から生まれます。ペン先に加わる力の強弱によって、ペン先に弾力が生まれ、絶妙な書き味が実現します。ペン先も、細い物から太い物まで様々、使う人の個性が発揮できます。

万年筆の仕組み。
下の図のように各部位に分かれています、分解するともっと複雑になりますので、素人の方は決して分解等しないように(笑)


ペン先 最も重要とされる部分であり、材質は「金」で14金が代表的です。これはインクの酸に侵されず適度な弾力性と書き味があるからです。現在では技術の進歩により、金ペンではなくてもすぐれた特殊合金が出来ています。高級品には18金も使われ、豪華さを出しています。
ペンポイント 文字を書く場合は一定の筆圧をもって紙の上を走り続ける為、14金・18金のように軟らかい金属ではすぐに先端が磨耗してしまいます。これを防ぐ為にペン先の先端に小さくて白く光る耐磨耗合金がついています。これは、イリドスミンという白金系の合金です。高価で非常に硬い金属で、600万字も書く事が出来ます。
首軸 手に馴染みやすい材質が使われ、握りやすい形に設計されています。殆んどが樹脂(プラスチック)製です。ペン先を固定しており、インキ出をコントロールする”ペン芯”が内蔵されている万年筆の心臓部です。
軸(胴) インクの貯蔵部であると同時に、握りやすい太さになっています。材質は、樹脂(プラスチック)が一般的ですが、ほかにステンレス、銀、天然木、黄銅に塗装されたもの、漆塗り、蒔絵品などもあります。
キャップ 軸と同様色々な材質が使われています。ペン先を保護し、インキの乾燥を防ぎ、筆記時のバランスを取ってくれるという役割があります。
クリップ
ポケットに差すためだけではなく、飾としても用いられ、各メーカーの万年筆の特徴を出すシンボルとして色々とデザインされています。

コンバーター式・カートリッジ式とは?
万年筆を使うには、まずインクを入れなければなりません。その際にインクを貯蔵する器具を万年筆にセットする必要があります。その器具にはインクをビンから吸入するタイプ「コンバーター式」と最初からインクが貯蔵されている「カートリッジ式」というタイプがあります。

コンバーター式:インクビンからインクを吸い上げる器具をコンバーターといいます。このコンバーターを万年筆に装着し、ペン先をインクビンにつけて、ペン先からインキ吸い上げて使います。吸い上げる際に首軸までインキに浸すと汚れ、底までつけるとペン先を傷めることが有りますので、中間くらいまでペン先をつけてください。

コンバーター


カートリッジ式:最初からインクが入っているカートリッジを、万年筆に装着するだけで手軽に書けるようになります。使い捨てタイプと言ったらよいでしょうか。新しい万年筆の場合、インクがすぐに伝わらない事が有りますので、カートリッジの中間を指で挟んで軽く推してください。

インクカートリッジ


その他にもまだ沢山のインク供給式がありますが、代表されるのは上記の二つです。カートリッジ式は手軽に使えます。コンバーター式はインクを吸い上げるという行為を利用し綺麗な水を出し入れして万年筆をより良く掃除する事が出来ます。

書き続けるうちに自分色に染まる・・・。
万年筆を使い続けるとペンポイントが少しずつ削れます。
右利きの人は通常ペン先の右部分が左部分より多く削れます(万年筆を後から見た場合)。書き癖がついてはじめて書きやすい万年筆なるのです。ちょっと書き心地が悪いな、ちょっとひっかかるなと思っても、使い続けて行くうちに、だいたい4ヶ月くらいで、自分にとって書きやすいペン先に育ってきます。文字でなくグルグルと線を引くだけでも十分です。
ペン先の調整をしてくれるお店が近くに在るのなら、そこで頼むのも一つの手です。

万年筆お手入れ方法と、長く使い続ける為のコツ!
長く使って自分色に染めたお気に入りの1本を持つために、知っておきましょう!

1、購入したらとにかく使う事 購入した万年筆は、引き出しにしまい込んだりしないで、なるべく頻繁に使用しましょう。これは極めて平凡なようですが実に最も優れた手入れ方法であり、保存法なのです。少なくとも2〜3日に一度は使えるといいですね。
2、キャップはきちんと閉める 万年筆を10分以上使用しないときには、必ずキャップをしておく事。
3、直射日光があたる場所にはおかない 直射日光を受けると紫外線の影響で乾燥し、ひび割れの原因になったりする物があります。
4、長時間人には貸さない ご愛用の万年筆は、主人の手に馴染み、書きぐせが付いている物です。あまり長時間人に貸すと書き味が変わる事が有りますので、なるべく他人には貸さない様にしましょう。
5、自分で分解しない 万年筆は一見ごく簡単で単純な構造のように見えますが、実は極めて精巧で複雑に出来ています。自分で分解したり、いじくり回す研究は禁物です。
6、使わずに眠らせる時 1ヶ月以上使用しない時は7、の要領でインクの色がなくなるまで洗浄し、2〜3回内部を洗っておく事を忘れないで下さい。首軸内部(ペン先、ペン芯部分)にインクが残ったまましばらく使わないと、そのインクが固まってしまい、インクが流れなくなります。
7、お手入れをしよう 何だかインクの出が悪い・・・インクを補充しても出ない・・・。そんな時はペン芯やペン先に異物が詰まっている事が多くの原因です。そこで下の方法で水洗いをしてみましょう。
水洗いの仕方
カートリッジ式、コンバーター式の洗い方
用意する物
・深めのコップ
・水またはぬるま湯
・柔らかい布(インクがつくので汚れても良い古い布)


カートリッジ又コンバーターを抜きます。


コップの中に水またはぬるま湯を入れ、首軸の部分をそのままコップの中に一晩入れておきます。

※決して熱湯を入れたり、薬品や洗剤を混ぜないで下さい

翌朝、首軸からペン先に向けて、水が流れるように何度か通し、インクの色がなくなりキレイな水が流れてくるまで流します。

最後に布で良〜く水分を拭き取り乾かしてください。水分が残っている状態でインクを入れてしまうとインクが薄くなってしまう場合があります。

新しくインクを入れる時は、必ずその万年筆と同じメーカーのインクを使って下さい。インクの色を変えるときは良く洗ってから変える事。

尚、上記のお手入れをお試しいただいても復活しない場合は、一度修理に出されたほうがよろしいかと思われます。