防災用品

災害が多い日本で仕事をする

災害が多い日本では、
いつくるか分からない災害のために備えることは、
企業にとっても必要なことです。

私たちが出来るサポート

防災に必要なことをともに考える防災に必要なことをともに考える

会社の立地や建物状況、避難経路などを踏まえ、起こりうる災害から、社員の方を守るために、必要な方策を考えます。

備蓄しておくべきリストの作成備蓄しておくべきリストの作成

今、不足している備蓄品は何か、またその必要な量はどのくらいかを算出し、日常的に備えておくべきリストを作成します。

運用時のリスクマネジメント運用時のリスクマネジメント

実際に災害にあった時に起こり得ること予想し、そのリスクを回避する為に必要なことをご提案します。

導入までの流れ

STEP1

ヒアリング

防災のためのアウトラインを考えます。

起こり得ると想定される事象から、対策に必要な防災用品を決定します。

STEP2

備蓄リストの作成

オフィスレイアウトをご依頼される場所を拝見します。

現地視察が難しい場合は、サイズなどの表記がある、間取り図を頂ければ問題ございません。

STEP3

備蓄レイアウト

レイアウトをご提案します。

災害が起きた時の人の流れや、その備蓄品の内容により、
どこに備蓄しておくのが、適当なのかのレイアウトをご提案します。

STEP4

導入

実際に導入します。

備蓄品を搬入します。

STEP5

運用

運用のサポートを行います。

実際に運用する時を想定した訓練のサポートや、備蓄品を維持・管理するサポートを行います。

主要取り扱いメーカー

  • コクヨ

主要取引先問屋

  • 新九州クラウン
  • RF