この手があります!還暦 祝、定年 退職祝いのプレゼントはこれできまり!


伝統工芸の美「蒔絵万年筆」

定年 退職のお父さんへ「ありがとう」、「ご苦労様」の気持ちを込めて。


ご両親への還暦 祝いのプレゼントへ、外国人へのプレゼント等


とにかく大切なあの方をあっ!と言わせる贈物がほしいっ!

そんな方々に選ばれている日本一の万年筆。筆記具メーカーのトップブランド
パイロットがその美しさで世界中をあっ!と言わせた万年筆です。



美しさと気品を兼ね備えた、世界をあっと言わせた万年筆です。退職祝いや還暦祝いにどうぞ

商品のラッピングは無料で承ります!
ラッピングのプロが心を込めて、ラッピングさせて頂きます!


そもそも蒔絵とは
蒔絵とは、日本独自の工芸技術としてすでに1500年も昔から日本にある技法です。漆(うるし)を接着剤代わりにして純金箔、純金粉、銀粉又は螺鈿(らでん:貝殻の裏の奇麗に光る部分)等を蒔(ま)きつけて行き模様(絵)として完成させていくので蒔絵と呼ばれます。そしてその蒔絵を施した蒔絵万年筆を初めて作ったのがパイロット(当時は並木製作所)なのです。
 パイロットの蒔絵万年筆へのこだわり 
パイロット 万年筆 国光会蒔絵のペンは数有れど、パイロットの蒔絵のペンには必ず「国光会」と文字が入っています。
この「国光会」とは、昭和6年にパイロットが蒔絵万年筆の海外発展、蒔絵技術の向上を目的に蒔絵作家達を集め組織しました。

蒔絵の最高権威であった 故 松田権六氏(人間国宝)が所属しており、その卓越した技術を指導し蒔絵万年筆が世界に注目される原動力となったのです。そしてこの国光会は今まで3人の人間国宝を生んできました。
このように自社で蒔絵作家を社員として有しているのはパイロットだけで、パイロットの蒔絵への想い、より良い物をお客さまへお届けしたいと言う想いが伝わります。
国光会を組織した当時は70名ほどの蒔絵作家が居られたと聞きます。しかし現在ではたった10数人しかいません、その希少な人間国宝の技術を受け継ぐ優れた蒔絵作家達が、今でも変わらず1本1本丁寧に手作業でお作りしています。

しっとりと・・・そしてほんのりと暖かい本物の漆の手触り。
普通の万年筆では味わえない手触の万年筆はこちらです。

蒔絵万年筆「平蒔絵」

定価:30,000円(税別)

販売価格:24,000円(税別)

プレゼントに、自分用にと売れ筋No.1です。「平蒔絵」という技法が使われています。
すっきりとくっきりとした絵柄のものが多いのが特徴で、日常的にとても使いやすいです。女性へのプレゼントにされる方が多いようです。

蒔絵万年筆「研出平蒔絵」

定価:50,000円(税別)

販売価格:40,000円(税別)

こちらは売れ筋No.2です。特に男性に人気があります。平蒔絵に研ぎ出しという技法を使い、より美しさを増しています。とにかく絵柄がかっこ良く漆の黒色と金粉の金色が絶妙にマッチした逸品です。

蒔絵万年筆「高蒔絵」

定価:100,000円(税別)

販売価格:80,000円(税別)


高蒔絵という技法が使われています。漆などを塗り重ねて、他の面よりも一段盛り上がらせる技法です。立体的に見えるのが特徴です。

「平蒔絵」
ボールペン

定価:35,000円(税別)

販売価格:28,000円(税別)

万年筆も良いけれど、蒔絵のボールペンも使いたいっ!価格と使いやすさで選ばれています。
限定蒔絵万年筆

パイロット85周年記念万年筆
「飛天」

パイロット 限定 万年筆 「飛天」

キリスト生誕2000年記念万年筆
「A.D.2000」

パイロット 限定 万年筆 AD2000